フェリチン 不足 肌荒れ

フェリチン不足で肌荒れになってしまいますが、なぜ肌荒れになるのでしょうか?原因を知っておくと対策もしやすくなりますよね。
MENU

フェリチン不足で起こる肌荒れ|なぜ肌荒れになるの?

フェリチンが不足すると、肌荒れの症状を感じてしまうケースが多いようです。

 

ではどうして、フェリチンの不足がお肌の状態に悪影響をもたらしてしまうのでしょうか?

 

お肌のターンオーバーが低下!

美しいお肌を維持するためには、生まれ変わりのサイクル、ターンオーバーが正常でなければなりません。これが乱れると、傷付いた細胞がいつまでもお肌の表面に残ることになり、肌荒れが起こったり、くすみなどの肌悩みが出てきたりします。

 

そんなターンオーバーを促進するためにも、血液の状態は重要です。フェチリンが不足していると、血液中の鉄分も不足しがちになり、肌の細胞がうまく生まれ変わることができず、肌荒れしてしまうというわけですね。

 

免疫機能が悪化!

お肌を肌荒れから守るためには、免疫機能が必要不可欠です。免疫機能が働くからこそ、外的刺激から守ることができ、トラブルのない美肌を維持できるというわけです。

 

ですが、フェリチンが不足すると、この免疫機能にも大きな影響をもたらすことが分かっています。フェリチン不足はお肌そのものの免疫機能に影響するだけでなく、体を守っている免疫細胞の数が減少し、体調面でも不調を感じやすくなります。

 

さらにはフェリチンが不足することで寝つきが悪くなるという症状を感じる方もおり、美肌のために必要不可欠な「良質な睡眠」をとることも難しくなるのです。

 

お肌は体の調子を反映する鏡のようなものですから、この不調が肌荒れという状態で現れてしまったりもするわけですね。

 

まとめ

フェリチン不足は、肌荒れを起こしてしまう原因になるだけでなく、脱毛を進行させてしまう可能性があることも分かっています。血液は美しさを維持するための要でもあるので、これを健やかに保つためのフェリチンは、非常に重要なものなのです。

 

スキンケアだけでは改善されない肌荒れに悩まされている方は、こういった点にも着目し、内側からのケアを試みてみると良いかもしれません。

このページの先頭へ